お日様と谷と少年の見た幻お日様と谷と少年の見た幻

「事実」のことを特別に考えている人って、いっぱいいるんだろう。今までしてきた経験や固定観念なんかが、「フライドチキン」と結びついちゃうことって、確かにありうる話だよね。
前のめりで話す兄弟と暑い日差し

前のめりで話す兄弟と暑い日差し

宿泊に行きたくて思い焦がれていた所、と言うのは静岡県の真鶴だ。
それを知ったのは真鶴というタイトルの川上弘美の小説。
今でも、私の幼い頭では、まだまだ深い感心はできていないと思う。
でも、表される真鶴半島の雰囲気が好きで、まだ見ぬ地に憧れていた。
静岡県熱海市と、神奈川県小田原市の真ん中に位置する所が真鶴半島。
突端が真鶴岬。
岬の少し先、海面から頭を出しているのは、三ツ石という石が3つ。
真ん中の石の上には鳥居としめ縄があって潮がひいたら歩いて渡れる。
願いが叶い、現実のこの風景を観光することができた。
私のライカの一眼の中には、この景色がたくさん。
ホテルの女将さんに真鶴が好きだと言うと、喜んでくれた。

一生懸命叫ぶ先生と電子レンジ
友達と1時に遊びに行こうと約束をしていた。
福岡駅のいつも通りの巨大な広場。
携帯を見ると、少しばかり遅くなると電話が入った。
ここはみんなの集合地点なので、待っている人も時間が来るとどこかへいってしまう。
携帯で音楽を聴きながら、人の流れをじっと見ていた。
でもあまりにも退屈なので近所のカフェに入って、ジンジャーエールを飲んでいた。
その後、友達が遅くなってごめんね!と言いつつきてくれた。
今日のお昼は?と聞くと、パスタが良いとの事。
色々探してみたけれど、どこが良いのか探しきれなかった。

騒がしくお喋りするあの人とよく冷えたビール

OLだったころに、まったく辞めるきっかけが持てなかった。
かなり退職したかった訳ではないから。
働く余裕がないのかもしれない。
でも、ある日、熱意を込めて辞めさせてくださいと目を見ていった。
こんな日に限って、普段すごくまじめだと感じていたKさんが、こっちに向かってきた。
会話で、全然事態を知る余地もないKさんが「この業種、大変だよね。おまえはもう少し頑張れるよ。」と言ってきた。
なぜだか悲しくなった。
そして、会社の帰りに、教育係に退職をなしにしてもらった。

寒い祝日の夜明けにお菓子作り
ビビアン・スーは、美人で秀才で才能ある人だと思う。
すでに30代の後半なんて、まったく信じられない。
昔の話だけれど、今でも覚えているのが、ビビアンが、英語のみのインタビューに答えていたすがた。
まだまだ勉強中みたいだったけれど目を引くくらい一生懸命だった。
今頃英語も日本語だって、じゅうぶん話せるだろうと思う。
彼女の魅力は目を見張る位なのだ。

目を閉じて体操する先生と霧

久しぶりのお仕事の際、初めて業務で組んだAさんという男性は、体格のいい男性だ。
最初に挨拶した際以降オーラがあり、業務以外のお話は少しもお話したことがなかった。
その時、何気なくAさんの半袖になったがっしりとした腕を拝見してびっくりした!
大きな天然石ブレスがいくつもつけられていたから。
咄嗟に、パワーストーン興味があるんですね!と言ってしまったくらい。
次の瞬間Aさんは得意げで、しかも可愛い顔で、種類別の石の名前を教えてくれた。

息絶え絶えで走る彼とファミレス
海辺に私たち家族は、在住しているので、高波を父が気をもんでくれている。
特に東北大震災後は、家がどのくらい海から離れているのかとか地理的に高い場所は手近にあるのかとか問いかけてくる。
妻と俺だって安心できないのだけど、しかし、たやすく条件のあう物件も見つかるわけではない。
ただし、確かに高波がやってくるとなった場合に逃走する道順を思い定めておかないとと考える、だけど、海近くしか近くに道路がないので、しっかり想定してみたら危ないと理解できた。

寒い金曜の日没に散歩を

オフィスで勤めていた時の先輩は、社長令嬢で、これぞお嬢様だった。
小さくて活発でとにかく元気な、動物好きの先輩。
動物愛護グループなど立ち上げて、しっかり運動をしているようだった。
毛皮着ない、お肉食べない、動物実験取りやめ賛成。
一度マンションに行ってみたことがあった。
高級住宅地にある上等なマンションで、国会議事堂が見下ろせる場所。
その先輩、可愛くてきれいなシャムネコと仲良しだった。

息もつかさず歌う子供と壊れた自動販売機
しかもお客様は、ほぼ日本人だという感じだったのでその光景に驚いた。
そしてお客さんは、ほとんどが日本からの観光客という様子だったのでその雰囲気にも驚いた。
日本で言われているのは、韓国のスキンケア用品は効果抜群なくらい成分が豊富に含まれているらしい。
もちろん、コスメにも感動はあったけれど店の人の言語能力にも感心した。
日常生活程度なのかもしれないが、日本語がそこそこ上手い。
私は、簡単な韓国語を使用できると思って向かった韓国だったが、最後まで話すことはなかった。
会話の機会があれば、しっかり学べば外国語を理解できるということを知らされた旅行だった。

蒸し暑い木曜の深夜は熱燗を

昔から興味はあっても行ったことはない、だけど、しかし、昼間ではない動物園は、夜行性の動物がすごくはつらつと活動していて見ていて楽しいらしい。
昔から知っていても、昼間ではない動物園は行ったことがないけれど、子供がもう少し怖がらないようになったら見に行ってみようと思う。
もう少し大きくなったら、さぞ、子供も喜々としてくれると思うから。
普通の動物園と隔たりのある景色を自分も妻も楽しみながら体験してみたい。

余裕で話す妹とぬるいビール
昔の頃、株の取引に関心をもっていて、購入したいとおもったことがあったけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードに関心があったけれども、しかし、頑張って稼いでためた貯金が簡単になくなるのも恐怖で、購入できなかった。
証券会社に口座はつくって、銀行口座から動かして入れて、パソコンのエンター一つだけで買える状態に準備したけれど、怖くて買うことが出来なかった。
汗水たらして、働いて稼いだ貯金だから、いくら人から見たら少なくてもでも大きく減ってしまうのは怖い。
けれども一回くらいは買ってみたい。

お役立ちサイト、関連サイトの紹介です。


引越屋さんの料金を安くする
マンスリーへの引越しで、一番安い引越し会社さんはどこ?安く引っ越しする最善の方法は、無料見積で費用比較することから。



Copyright (C) 2015 お日様と谷と少年の見た幻 All Rights Reserved.